【イベント】展示・ワークショップ
  夏休み無料体験レッスン
書&デザインアート/言葉を描く線と色彩
 
右琳の書道スケッチ
  【花火 2006】
2006年8月4日から9日までの期間、代官山にあるギャラリ−無垢里で開催された
作家八人ワークショップと夏休み展にご来場下さった皆さまの、ご記帳からの抜粋です。
「第一回夏休み作品集」右琳編、引き続きご覧下さい。 【後編:89日】
■ 「第一回夏休み作品集作家八人ワークショップと夏休み展 2006.08 ギャラリー無垢里
■ 伊藤さん ■ かとうさん ■ 由里子さん
                 
  2006.08.09     2006.08.09     2006.08.09  
出版社にお勤めの伊藤さん
一枚目(右)にあうんの違和感を感じ
二枚目(左)を書作。すごっうまい。
「本社とは本の意味で、もちろん
the head officeの本社もあります。」
など伺いながら、きっちりした
書作たるものを教わりました。
宇宙が広そうな男前の世界。
同じくチャイルド本社から
かとうさんの一筆。
久々過ぎて
戸惑っていらしたので(左)
一緒に線を引き思い出して頂く。
すぐにテンポを掴まれて
さらっと美しい傘を差されました。
知的でエレガントな書作スタイル。
ブ−ピー工房から由里子先生
長年、仲良くして下さる
本当に本当に有り難い友人。
しかしこの達筆な画伯には
右払いだけは無理という
チャームポイントがあった。
面白いなぁ。。人って未知。
■ 梓心さん
     
  2006.08.09  
社中の梓心さんは左手で
心は右手のような出来栄です。
書がご縁での心の友と和み、
最終日に至ってようやく
持って来たカメラはバックから出す、
そして撮る、という事を覚える。ずっと
がっぷりよつだったことに気付く。
■ 右琳  
   
2006.08.04 - 09  
左:行雲流水(こううんりゅうすい)
  空を行く雲や流れる水のように、執着せずに身をゆだねる。
  私のスケッチは与えられた因と縁によって色をつけています。
右:槿花一朝(きんかいっちょう)
  開いたと思ったら夕方にはしぼんでしまっている朝顔、
  この世の華はとてもはかない。
  ならば寸暇を惜しんで描いてみよう。
Copyright © 2009 Wordrope Co.,Ltd. All Rights Reserved. │ サイトマップ │ お問い合わせ・ご依頼
 
このサイト並びにリンクブログに掲載された画像・文章等に対する無断転載及び改変行為を禁じます。
内容の全ては日本の著作権法並びに国際条約によって保護されているワードロープ所有の著作物です。